介護あんしん相談員派遣事業について

 介護保険のサービスに関する苦情は、市町村または国民健康保険団体連合会 (都道府県ごとに設置)が受け付け、必要に応じて調査・指導にあたりますが、これは何らかのトラブルが起きた際の事後処理が中心です。
 そこで、平成13年度から鳥栖地区広域市町村圏組合は、介護あんしん相談員を任命し、相談員の訪問受入施設としてご登録いただいた施設へ派遣する「介護あんしん相談員派遣事業」を開始しました。 苦情申し立てにいたるほど問題が大きくならない内にサービス利用者の疑問や不安を聞き取り、サービス提供者側へ伝えることで、問題を未然に防ぎ、サービスの質の向上を図ることが本事業の目的です。

介護あんしん相談員受入施設一覧(鳥栖地域広域市町村圏組合)(236KB)pdf

介護あんしん相談員だより

 介護あんしん相談員や施設からの訪問の報告書の中から報告を3件抜粋して「介護あんしん相談員だより」を作成し、相談員受入施設(68箇所)へ配布しています。【施設数は平成31年3月時点】

リンク

介護相談・地域づくり連絡会(外部リンク)