介護保険料

保険料の納め方は2種類に分かれます

65歳以上の人の保険料の納め方は、みなさんが受給している年金額※によって2種類に分けられます。
特別徴収(年金からの天引き)が原則ですが、普通徴収(納付書又は口座振替)で納付する場合もあります。
※老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金が対象です。
老齢福祉年金などは対象になりません。

特別徴収

年金が年額18万円以上の人→年金から天引き

年金の定期支払い(年6回)の際、年金から保険料があらかじめ天引きされます。
特別徴収の対象となるのは、老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金です。
  • 前年度から継続して特別徴収で保険料を納めている人は、4・6・8月は仮に算定された保険料を納め、10・12・2月は、決定した本年度の保険料額からすでに納めている仮徴収分を除いた額を納めますので、保険料額が変わる場合があります。
 
  仮徴収 本徴収
年金支給月 4月(第1期) 6月(第2期) 8月(第3期) 10月(第4期) 12月(第5期) 2月(第6期)
年金が年額18万円以上でも一時的に納付書で納めることがあります
次の場合は、特別徴収に切り替わるまで、一時的に納付書で納めます。
  • 年度途中で65歳(第1号被保険者)になった場合
  • 他の市区町村から転入した場合
  • 年度途中で年金〈老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金〉の受給が始まった場合
  • 収入申告のやり直しなどで、保険料の所得段階が変更になった場合
  • 年金が一時差し止めになった場合
など

普通徴収

年金が年額18万円未満の人など→納付書・口座振替

保険者から送付されてくる納付書や口座振替で、期日までに金融機関などを通じて保険料を納めます。

納期
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
普通徴収     1期 2期 3期 4期 5期 6期 7期 8期 9期 10期
保険料納付は口座振替が便利です
  • 保険料の納付書
  • 預(貯)金通帳
  • 印かん(通帳届け出印)
これらを持って市町窓口や指定の金融機関で手続きしてください
※申し込みから口座振替開始までの月や、残高不足などにより自動引き落としされなかった場合などには、納付書で納めることになります。

保険料を納めないでいると「給付制限」がかかります。

特別な事情がないのに保険料を滞納していると、滞納した期間に応じて次のような措置がとられます。保険料は、納め忘れのないようにしましょう。
イラスト1年以上滞納すると
費用の全額を利用者がいったん自己負担し、申請により後で保険給付が支払われる形となります。

イラスト1年6か月以上滞納すると
費用の全額を利用者が負担し、申請後も保険給付の一部、または全部が差し止めとなったり、なお滞納が続くと滞納していた保険料と相殺されます。

イラスト2年以上滞納すると
利用者負担が3割に引き上げられたり、高額介護サービス費が受けられなくなることがあります。

減免等

災害等の特別な事情など※で保険料が納められなくなったときには、保険料の徴収猶予や減免が受けられることがありますので、鳥栖地区広域市町村圏組合またはお住まいの各市町の介護保険担当窓口までご相談ください。

※資産を活用してもなお生活が困窮している状態にある人において、減額される場合があります。