文字の拡大表示と色の変更について

ホームページをご利用になるとき、文字の大きさや、色を変えて、ページを読みやすくしていただけます。
このページでは、設定変更の例を一部ご紹介していますので、参考にしていただいて、よりよい環境でホームページをご利用ください。
 

文字の拡大表示

  • MicrosoftR Internet Explorler 6では、「表示(V)」メニューから、「文字のサイズ(X)」-「最大(G)」、もしくは「大(L)」 を選択します。
  • または、キーボードの「Ctrl」キーを押しながら、マウスの「ホイールボタン(真ん中のボタン)を下に」動かします。 (Windows版)
  • Netscape 7(Windows版)では、キーボードの「Ctrl」+「+」キーを押します 。(「Ctrl」+「-」で文字縮小)。
  • Netscape 7(Mac版)では、キーボードの「#(コマンド)」+「+」キーを押します 。(「#(コマンド)」+「-」で文字縮小)。
  • Opera 7(Windows版)では、キーボードの「Ctrl」+「+」キーを押す、もしくはキーボードの「Ctrl」キーを押しながら、マウスの「ホイールボタンを上に」動かします。
  • Safari 1では、キーボードの「#(コマンド)」+「+」キーを押します 。(「#(コマンド)」+「-」で文字縮小)。
    (文字を拡大表示したとき、スタイルシートを切り離した方が画面が見やすくなる場合があります。)
 

文字色の変更

文字や背景の色を変えて、文字を読みやすくしていただけます。

また、リンク色を指定して、リンクを画面の中から見つけやすくすることもできます。

MicrosoftR Internet Explorler 6の場合

  1. 「ツール(T)」メニューから「インターネットオプション(O)」を選択します。
    色の設定画面2
  2. 「ユーザー補助(E)」ボタンを押します。
    色の設定画面3
  3. 書式設定の「Webページで指定された色を使用しない」等にチェックをします。
    (文字サイズも変える場合は、「Webページで指定されたフォントサイズを使用しない」にもチェックをします。)
    色の設定画面4
  4. 「色(O)」ボタンを押します。
    色の設定画面5

「Windows の色を使用する(W)」のチェックをはずして、「文字列」「背景」「リンク」などの色を指定します。

 

スタイルシートの切り離し

文字や画面の色などの修飾を切り離して、シンプルなページをご利用いただけます。レイアウトは異なりますが、文書情報は同じです。文字を拡大表示したり、文書内容だけを取り出したりする時にご利用下さい。

Netscape 7では、「表示(V)」メニューから「スタイルを使用(U)」-「基本ページ スタイル(B)」を選択します。
Opera 7では、「Ctrl」+「G」キーを押します。