エツ料理

エツ料理

〈日本では筑後川下流だけでしか獲れない珍魚〉

日本では、有明海のみに生息し産卵のため5月から7月にかけて筑後川を溯上してきます。
川面に船を浮かべ網を流し、獲れたてのエツを船上でいただく舟遊びは格別。夏を告げる季節料理となっています。
久留米市の城島地区及び大川市、対岸の佐賀市諸富町を含めて、エツ料理の店は40軒。刺身、塩焼き、骨揚げ、煮付けなど、夏は、酒の産地でもあるこの地方の冷酒によく合います。


〈エツ漁〉

初夏、筑後川に黄色い小旗をつけた船が行き交います。旗は漁の許可を示すもので、これがエツ漁です。長さ200mの網を手繰り寄せると、上がってくるエツは体長30cm。エツが獲れるのは、「汽水域」という海水と淡水が融合する水域。二つの水が比重の差によって、ほぼ二層になり正逆二方向の流れが生まれ、その流れを利用して漁が行われます。

〈エツ伝説〉

遠い昔。筑後川のほとり。渡船場にたたずむ一人の貧しい行脚僧。路銀がなく、船に乗せてもらえず困っている様子。
見かねた若い船頭、「わたしの船にお乗りなさい渡してあげますから」と、声をかけた。
僧は喜んで、「ありがとう。わたしにはお礼をする物がない。もし暮らしむきに困ることがあれば、この魚をとってタシにしなさい」と岸辺の葦の葉をとって川に流した。とたんに葦の葉は、銀鱗ひかる一匹の魚となった。
これがエツのはじまり。旅の僧は、弘法大師であったという。

浮島渡船対岸の青木島に弘法大師をまつったエツ大師堂があります。