構成市町情報

自らが守り育てる 豊かで活力ある たちあらい

大刀洗町は、「自らが守り育てる 豊かで活力ある たちあらい」を将来像に、南北朝時代の大原合戦やかつての大刀洗飛行場の舞台となった歴史ロマンと、筑後川の恵みを受けた豊かな大地のめぐみを基礎に、まちづくりに取組んでいます。
町の南部は早期に農業基盤の整備が完了した優良農地であり、米、麦、大豆をはじめおいしい野菜やガーベラなどを各地に出荷しています。
また、町の北部において工場誘致を進めており、雇用拡大と地域経済の活性化を図っています。
町内には、町名の由来となった菊池武光の勇壮な銅像がある大刀洗公園や、日本に残る赤レンガ建築の中でも有数の今村カトリック教会(国指定重要文化財)、奈良時代の地方の役所跡がほぼ完全な形で残る下高橋官衛遺跡(国指定史跡)など歴史ロマンがあふれています。 大分自動車道の筑後小郡ICすぐ、福岡都心へ車で1時間という立地のよさから、住宅地としての開発も進んでいます。
現在は、安全安心のまちづくりを進めると同時に、子育て施策やコミュニティの支援にも取り組み、豊かで活力あるまちを目指してまちづくりを進めています。

 

たちあらいまち
〒830-1298
福岡県三井郡大刀洗町大字冨多819
TEL(0942)77-0101/FAX(0942)77-3063


大刀洗町ホームページ