久留米広域市町村圏事務組合とは

組織

組織
沿革
昭和45年10月 久留米広域市町村圏事務組合設立
昭和46年3月 広域市町村圏計画策定(第1次)
(昭和46年度~昭和55年度)
昭和55年3月 新広域市町村圏計画策定(第2次)
(昭和55年度~平成2年度)
平成3年3月

新広域市町村圏計画策定(第3次)
(平成3年度~平成12年度)

平成6年9月 ふるさと市町村圏選定
平成7年4月 ふるさと市町村圏地域振興事業実施(ソフト事業)
平成13年2月 新広域市町村圏計画策定(第4次)
(平成13年度~平成22年度)
平成18年4月 久留米広域小児救急センター開設
平成21年4月 久留米広域消防本部発足
 

圏域の概要

筑後川をはじめとする自然環境に恵まれた福岡県南部における、産業・経済・文化の拠点都市圏

久留米広域市町村圏は福岡県の南部に位置しており、阿蘇外輪山に源を発してうきは市から大川市まで圏域を東西に貫流する筑後川を軸に、その周辺に形成される九州最大の肥沃な筑紫平野に展開しています。
圏域の筑後川上流域は、標高802メートルの鷹取山を主峰とする耳納連山が、筑後川の南側に平行するように東西に走り、北面の山麓は扇状に開けています。
一方、筑後川下流域は、水田やクリークが広がる平野部となっています。
気候は温暖温潤で、平均降雨量は平野部では約2,000ミリメートル程度ですが、山間部ではやや多くなっています。
圏域の中心都市久留米市は県内第三の都市で、城下町から軍都、ゴム工業都市、さらには近代商工業都市として発展し、福岡県南部地域の産業・経済・文化の拠点都市として位置付けられています。
広域圏は、この久留米市を中心として、変化に富んだ自然条件を持ち、歴史的資源にも恵まれ、フルーツや苗木などの主産地である東部エリア(うきは市、久留米市田主丸地区)、都市圏からの人口流入による都市化傾向が見られ、多様なそ菜、園芸作物の生産が盛んな北部エリア(小郡市、大刀洗町、久留米市北野地区)、農業地帯としての特色を持ち、家具工業や酒造業などの伝統的地場産業が盛んな西部エリア(大川市、大木町、久留米市城島・三潴地区)の3つの特色あるエリアで形成されています。

面積
総面積(H26.10.1現在)
467.83平方キロメートル
耕地(H25.7.15現在)
173.66平方キロメートル
宅地(H25.1.1現在)
72.16平方キロメートル
森林(H25.3.31現在)
96.42平方キロメートル

人口・世帯数

人口(H27.3.31現在)

462,036人
世帯(H27.3.31現在)
185,667世帯

有権者数(H26.6.2現在)

371,762人

生産・所得

総生産額(H23年度)

13,269億円
就業者1人当たり純生産(H23年度)
6,611千円
所得(H23年度)
11,920億円
人口1人当たり所得(H23年度)
2,468千円
就業人口(計)

第1次産業総生産額(H23年度)

31,844百万円
第2次産業総生産額(H23年度)
219,756百万円
第3次産業総生産額(H23年度)
1,065,351百万円
第1次産業就業人口(H22.10.1現在)
14,575人
第2次産業就業人口(H22.10.1現在)
43,547人
第3次産業就業人口(H22.10.1現在)
146,816人
就業人口(H22.10.1現在)
213,844人

農業・工業・商業

農家数(H22.2.1現在)

12,134
農業就業人口(H22.2.1現在)
14,643人
製造業事業所数(H24.12.31現在)
862
製造業従業者数(H24,12.31現在)
20,027人
製造品出荷額等(H24.1.1~H24.12.31)
441,595百万円
卸・小売業事業所数(H21.7.1現在)
6,152
卸・小売業常用従業者数(H21.7.1現在)
42,704人
卸・小売業年間販売額(H18.4.1~H19.3.31)
1,149,717百万円

■主要農産物
1.米
2.庭園樹苗木
3.いちご
4.生乳
5.ぶどう
河童イラスト